×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

数式の基本

ここでは、数式でよく使われるものをまとめて紹介します。ここを読んだ後に各項目のガイドを読むと、よりいっそう理解しやすくなると思います。ここでとりあげるのは、以下のものです。

四則演算

+、−、×、÷、=は、それぞれ+、-、\times、\div、=に対応しています。

1+3=4
2-1=1
4\times 3=12
10\div 2=5

かけ算でドット(・)を使用したい場合は\cdotを使用します。

分数

分数は\frac{分子}{分母}を使用します。

\frac{1}{2}+\frac{1}{3}=\frac{5}{6}

指数

指数表記をしたい場合は、^{指数}を使用します。

2^{2}=4

ルート

ルート記号を使用する場合は、\sqrt{}を使用します。

\sqrt{4}=2
\sqrt[3]{8}=2

もどる