×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

[一般]目次

\tableofcontentsを使用します。すると、その部分に、\sectionなどが存在するページ番号が表示されます。下のように使用します。

\begin{document}

(中略)

\tableofcontents
\newpage
\section{コンピュータの起動と終了}

(中略)

\section{マウスの持ち方}

(中略)

\section{アプリケーションの使用方法}
\subsection{ペイントを使う}

(中略)

\subsection{計算表ソフトを使う}

(中略)

\section{インターネットに接続する}

(以下略)

なお、\tableofcontentsの様に、他の部分を参照する必要がある場合は、LaTeXのコマンドを2回使用します。こうすると、上の例の場合、コンピュータの起動と終了、マウスの持ち方、アプリケーションの使用方法、ペイントを使う、計算表ソフトを使う、インターネットに接続する、が、目次のページに表示されます。

※このページに表示例は存在しませんが、LaTeXガイドイメージマップが一応表示例です。

目次に戻る