×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

[一般]参考文献

thebibliography環境を使用します。

\begin{thebibliography}{ラベルの長さ}
\bibitem[ラベル]{サイトキー} 文献
\end{thebibliography}

「ラベルの長さ」は、もっとも長いラベルの長さのと同じだけの長さの文字列です。ラベルを省略する場合は、文献の量の桁数の長さの文字列をセットして下さい。2桁なら2文字です。これが正しく設定されていなくてもエラーにはなりませんが、参考文献の先頭の文字がそろわず、美しく表示することができません。

ラベル、サイトキーは参照(※)に使用します。サイトキーに設定した語句を文中で\cite{サイトキー}コマンドを使用すると、ラベルに設定したものが表示されます。ラベルを省略すると、番号が表示されます。

※ 他の部分を参照する場合は、これに限らず、platexコマンドを2回実行する必要があります。

% 例1 --- 適当な例ですが。。。

\documentclass[12pt]{article}
\begin{document}
This is a pen.\cite{CITE}
\begin{thebibliography}{9}
\bibitem{CITE} Pen is the greatist tool!!
\bibitem{CITE2} Are you sure?
\end{thebibliography}
\end{document}

% 例2 --- やはり適当な例ですが。。。

\documentclass[12pt]{article}
\begin{document}
This is a pen.\cite{CITE}
\begin{thebibliography}{aaaaaa}
\bibitem[Label]{CITE} Pen is the greatist tool!!
\bibitem[Label2]{CITE2} Are you sure?
\end{thebibliography}
\end{document}

都合により、articleを使用しています。jarticleを使用すると、「参考文献」と日本語で表示されるはずです。

参考文献は一般に、著者、本や雑誌のタイトル、出版社、出版年月日の順にカンマで区切って書きます。

目次に戻る