×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

[数式]三角関数

例えば、三角関数の記号を次のように書いてみるとどうなるでしょう?

sin x

結果は下のようになります。

sin x

sinもxも同じ書体になって、区別ができません。そこでsin、cos、tanなどの前に「\」をつけます。

\sin x

すると、下のようになって、sinとxが区別できます。

\sin x

以下の記号(略記法)が同じ方法で表現できます。

※1 もちろん、分数表記を使って、csc、cot、secを使用せずに、下のようにすることもできます。

\frac{1}{\sin x}
\frac{1}{\tan x}
\frac{1}{\cos x}

\frac{1}{三角関数}

※2 逆三角関数は、上付きを利用して、\sin^{-1}xのように表現することも可能です。

\cos^{-1}x

\sin^{-1}x

目次に戻る