×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トップページに戻る / GCCページに戻る / SDL目次


0 準備する (Visual Studio 2015 (VC++))

VC用パッケージをダウンロードして展開します。(以下のどちらか)

展開したら次の手順で「C:\Program Files\Microsoft Visual Studio 14.0\VC\」または「C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 14.0\VC\」以下にコピーし、VC++で使えるようにします。

  1. C:\Program Files\Microsoft Visual Studio 14.0\VC\include内に、SDLというフォルダを作ります。
  2. C:\Program Files\Microsoft Visual Studio 14.0\VC\include\SDL内に、先ほど展開した中の「include」フォルダの中身をコピーします。
  3. C:\Program Files\Microsoft Visual Studio 14.0\VC\lib内に、SDLというフォルダを作ります。
  4. C:\Program Files\Microsoft Visual Studio 14.0\VC\lib\SDL内に先ほど展開した中の「lib」フォルダの中身をコピーします。
  5. dllはsystem32にでも放り込んでおきましょう

(↑VC++ 2010の時のパクリです。)

上のが面倒で、フォルダをごちゃごちゃいじりたくない場合は、次の設定でどうぞ。

  1. C:\Program Files\Microsoft Visual Studio 14.0\VC内(あるいは自分の好きなフォルダ)に展開したフォルダをそのまま入れます。
  2. (オプショナル) フォルダの名前をわかりやすくします。例えばフォルダ名をSDL2として、今後SDL関係のライブラリなどをすべてこの中に入れるようにします。
  3. Visual Studioを起動してC++の空プロジェクトを作成します。
  4. プロジェクトのプロパティを以下のように設定します。

設定個所は以下の通り

※ SDL2_ttfライブラリも参照しているけれども、最低限SDL2.lib, SDL2main.libのみでOK


indexに戻る