×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トップページに戻る / GCCページに戻る / SDL目次


1 とりあえずウインドウを出す

まずはウインドウを出します。ウインドウを出すのはゲームに限らす、アプリケーションの基本ですよね。

#include <SDL/SDL.h>

int main(int argc, char* argv[]){
	SDL_Init(SDL_INIT_EVERYTHING);

	SDL_SetVideoMode(640, 480, 32, SDL_HWSURFACE);

	SDL_Delay(3000);

	SDL_Quit();

	return 0;
}

赤で強調した部分、SDL_SetVideoMode()が、ウインドウの表示になります。簡単でしょう?


SDL_SetVideoMode()

SDL_Surface* SDL_SetVideoMode(int width, int height, int bitsperpixel, Uint32 flags);

width、heightはそれぞれ幅と高さ。640x480とか800x600とかそれっぽい値を入れておけばOK。

bitsperpixelは1ドットを何ビットにするか。32ビットとかそれっぽい値を入れておく。大きい値の方が色が綺麗。

flagsはビデオモードのフラグ。描画にシステムメモリを使うか、ビデオメモリを使うか、などを決めます。複数指定可能です。フラグ詳細はWikiなどを参考に。


その他の部分について

緑の部分、SDL_Init()とSDL_Quit()は始まりと終わりの関数です。この間に処理を書きます。SDL_Init()の引数は起動するサブシステムを指定します。複数指定可能です。全てのシステムを起動する場合は、SDL_INIT_EVERYTHINGを指定します。フラグ詳細はWikiなどを参考に。

青の部分、SDL_Delay()はミリ秒単位でスリープをかけます。これがないと、すぐにプログラムが終了してしまい、結果が確認できません。イベントループまではSDL_Delay()で数秒スリープさせて結果を確認することにします。


/

indexに戻る