×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

戻る


SDL_SetVideoMode

SDLのビデオモードを設定し、ウインドウを開く。

使い方

SDL_Surface* SDL_SetVideoMode(int width, int height, int bitsperpixel, Uint32 flags);

width、heightでそれぞれウインドウの幅、高さをピクセル単位で指定する。

bitsperpixelで、色の深さを指定する。0だと、デフォルト設定になる。24や32を指定するのが一般的

flagsはビデオメモリーの使い方やフルスクリーンにするかどうかを指定する。

以下、フラグの一部。

SDL_SWSURFACEシステムメモリーを使用する。
SDL_HWSURFACEビデオメモリーを使用する。
SDL_DOUBLEBUFダブルバッファを有功にする。SDL_HWSURFACEとともに指定する(SDL_HWSURFACE | SDL_DOUBLEBUF)。
SDL_FULLSCREENフルスクリーンにする。

返り値は nullだとエラー。

サンプル

#include <SDL/SDL.h>

int main(){
	
	/* 初期化 */
	SDL_Init(SDL_INIT_EVERYTHING);

	/* ウインドウを開く */
	SDL_SetVideoMode(640, 480, 32, SDL_SWSURFACE);

	/* 3秒ウエイト */
	SDL_Delay(3000);

	/* 終了 */
	SDL_Quit();

	return 0;
}

ウインドウを開く。

SDL_Delay()はそのままだとウインドウが閉じてしまうので、SDL_SetVideoMode()の動作を確認するために、ウエイトを入れる。

関連項目