×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

[数式]積分

積分

\intを使用します。定積分は上付きと下付きを利用するといいでしょう。

\int (x+1)dx=\frac{1}{2}x^2+x+C
\int^2_0 (x+1)dx=\left[\frac{1}{2}x^2+x\right]^2_0=4

周回積分

周回積分には\ointを使用します。

\oint_S D_n dS=\sum^m_{i=1}Q_i
\oint_c\mathbf E\cdot d\mathbf l=\int_s\left(-\frac{\partial\mathbf B}{\partial t}\right)\cdot d\mathbf S
\oint_S\mathbf B\cdot d\mathbf S=0

上の例の中にある\mathbfは太字にするためのものです。これでベクトルを表現しています(参考:ベクトル)。数列のシグマ記号は\sumを使用します(参考:シグマ記号)。

重積分

重積分は、スペースを調節するコマンド\;、\:、\,、\!を使って、スペースを調節します。

\int\!\!\!\!\int\!\!\!\!\int_{D}f(x,y,z)dx\:dy\:dz=\int\!\!\!\!\int\!\!\!\!\int_{D'}f(r\cos\theta ,r\sin\theta ,z)r\:dr\:d\theta\:dz

参考:スペース

目次に戻る