×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

[実用]タイトルページ

タイトルに関しては、こちらでその方法を紹介してあるが、実際に作ってみると、ちょっと期待はずれだと感じることがあります。

タイトルと本文を同じページにしている場合はいいとして(これはかなりいいバランスだと思う)、問題はタイトルページに\maketitleを適用したときだ。その例を下に紹介します。

\documentclass[12pt]{book}
\begin{document}
\begin{titlepage}
\title{ALL WORKS AND NO PLAY MAKE JACK A DULL BOY}
\date{1999/9/19}
\author{Jack}
\maketitle
\thispagestyle{empty}
\end{titlepage}
\end{document}

book以外にも、articleやreportで出力してみると

となります。articleはタイトルが上の方に、bookやreportは中心付近に表示されます。

名前は小さく表示されます。大きくしたい場合は、文字の大きさをこちらで指定しなければなりません。

また、表示位置が気に入らない場合は\vspaceや\hspaceなどを駆使して位置調節する必要があります。

表紙に絵をいれる場合は、画像取り込みをします。

このように、LaTeXで表紙を作成する際、デフォルトの設定が気に入らない場合、地道な作業で調節する必要があります。これが面倒な場合、表紙ページだけ、OpenOffice.orgなどの別のツールを使う、という手もあります。

目次に戻る