×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOC

注意 : 記事が古いです。間違っている内容とか、足りないこととかあるかもしれませんが、とりあえず復活させます。参考程度に見てください。

リファレンスマニュアル必須!「開発者用ヘルプ」がない場合は、GTK+ Reference Manualを参考にすること。


はじめに

GTK+ は強力なツールで、簡単にグラフィカルなプログラムを作成することができます。

まずは、とりあえずウインドウを開くところからはじめるといいでしょう。

GTK+ を使用したプログラムをコンパイルするときには、gkg-configを利用すると便利です。

コンパイルの際に `pkg-config --cflags --libs gtk+-2.0` をつければ、簡単にコンパイルできます。

gcc program.c `pkg-config --cflags --libs gtk+-2.0`

Gtk+のマニュアルはこちら→Gtk+ Reference Manual。またはDevhelpをインストールしましょう。

またGlade インターフェースデザイナを使えば、簡単にインターフェースを構築できます。Gladeが使用できるのであれば試してみることをお薦めします。このサイトでのGladeのコーナーはこちら

gccのページ / Linuxで遊ぼうトップページ